自分のために、家族のために。介護から卒業しませんか?
福祉のひろばは「お世話にならないための介護」を目指しています。

「お世話にならない介護」を目指して。 「お世話にならない介護」を目指して。

誰だって長生きしたい。
自分の足で歩きたい。
自分の口で食べたい。
もしかすると、自分は誰かのお世話になるかもしれない。
そう思っていませんか?
福祉のひろばは介護施設でありながらも「ここでずっとお世話になる介護」ではなく、やがて自立して社会に復帰する「お世話にならない介護」を目指します。
利用者の皆様が一歩でも前を向けるよう、スタッフ一同支援してまいります。

短期利用デイサービス

介護度の認定に関わらず、どなたでも介護されない(人のお世話にならない)ために、今から健康的な体づくりを始めましょう。
てとて中町1階「パワーリハビリテーション」のマシンを使って軽めの運動や、2階「GILL」のフィットネスマシンで本格的な有酸素運動を。

パワーリハビリテーション

負荷のかからない運動を繰り返すことで、老化によって動かなくなった筋肉を刺激し、立つ・座るなど日常における基本的な動作を自立していきます。
これからの人生、誰の助けも要らず自分でできるということは、行動力や趣味の幅が広がります。
詳しくはこちらから。

介護現場でのICT活用を積極的に取り組んでいます。 介護現場でのICT活用を積極的に取り組んでいます。

2021年4月より自立支援・重度化防止の観点から「科学的に裏付けのある介護」の実現に向けて、エビデンスの蓄積やデータ分析を行い、介護サービスの質向上のために、厚生労働省が構築した科学的介護情報システム「LIFE」へのデータ提出に対する加算が始まりました。
これまでも「介護予防」のための事業を続けてまいりましたが、ICTの活用により利用者一人一人の適切なアドバイスや健康状態をデータ化し、福祉のひろばが提唱する「お世話にならない介護」をより多くの社会に役立つよう取り組んでいます。

科学的介護の勉強を機会を、働きながら得ることができます!
こちらから

株式会社福祉のひろば 基本理念

  1. ミッション
    1. 人間的に豊かな生活の実現を支援し、人権を保証するための多様なソーシャルサービスを提供する。
    2. 一部の社会的弱者のみを対象とした救貧的で慈恵的な従来の福祉観に基づいた援助を超え、予防、促進、啓発といった、問題発生や深刻化を防ぐソーシャルサービス構築に向けて取り組む。
  2. ビジョン

    Well-Being:個人の権利や自己実現が保証され、身体的、精神的、社会的に良好な状態にあること

  3. バリュー

ご利用の前に、福祉のひろばに相談を。 ご利用の前に、福祉のひろばに相談を。

まずはお電話かメールで相談して下さい。
担当の専門員が回答いたします。

新着情報

【全体のお知らせ】

2023年11月 パンフレットリニューアル!NEW

【全体のお知らせ】

採用情報を更新しました。

【全体のお知らせ】

ホームページをリニューアルしました

もっと見る
ページトップボタン